地域社会と銀行との繋がり

地域社会とつながる十六銀行
十六銀行でお金をためる時
十六銀行でお金をかりる時
十六銀行の便利なサービス
十六銀行で口座をひらく時
十六銀行の保険で将来の安心を
十六銀行に相談したい時
十六銀行のJ-Pointスタイル
都市銀行の基本
都市銀行とは
都市銀行と地方銀行
銀行の種類
インターネット銀行とは
第二地方銀行
愛知銀行とは
あいぎんで貯蓄する
あいぎんの口座を使ってみよう
愛知銀行の便利なインターネットバンキング
愛知銀行の様々なローン
将来にそなえる愛知銀行の生命保険
愛銀教育文化財団とは
低金利でも定期預金で確実に貯金を増やしたい!
定期預金の金利、ご存じですか?

都市銀行の基本

都市銀行と地方銀行

日本に銀行は沢山ありますが、中でも多いのは都市銀行や地方銀行と呼ばれている銀行です。都市銀行はメガバンクとも呼ばれ、日本全国で営業している銀行のことを言います。全国規模で営業をしているので、日本のどこでもサービスを受ける事ができて、非常に便利だと言えます。

さらに都市銀行は顧客から集まる資金量が豊富なので、融資の面で優遇されるサービスを受ける事ができます。ですので、高額の融資を受ける必要がある場合には、都市銀行には安心感があります。都市銀行は、国際的にも一定の評価があるので、海外との取引の場合も信頼感があり利用しやすいでしょう。

地方銀行は、ある一定の地域に本店を置き、基本的には地域密着型のサービスを充実させている事が多いです。地方銀行や第二地方銀行と呼ばれている銀行が、同じ地方銀行の仲間になります。地方銀行は、その地域に支店やATMの設置数が多く、利便性が高いことが特徴です。

メガバンクだと、利益が出ないところにはなかなかお金を貸してくれませんが、地方銀行ですと比較的借りやすいのでメガバンクや信用金庫などで資金調達ができない時には、地方銀行は使える銀行といえます。多額の融資ですと地方銀行は弱いのですが、それ以外の場合だと地方銀行は利用しやすいのです。

都市銀行と地方銀行には、それぞれの役割があり、特徴も違いがあります。それぞれの銀行のメリットとデメリットを上手く組み合わせて、それぞれが補い合う事ができる使い方をすると私たちに有利な銀行の使い分けができそうです。

都市銀行と地方銀行には、ネットバンキングが利用できる銀行もあります。その方が金利が高いこともありますので利用するのも良いでしょう。たとえ地方銀行でも、ネットバンキングならその地域に行かなくても口座を開設することができますので、調べてみるのもおすすめです。

Copyright 2016 -地域社会と銀行との繋がり- All rights reserved.