地域社会と銀行との繋がり

地域社会とつながる十六銀行
十六銀行でお金をためる時
十六銀行でお金をかりる時
十六銀行の便利なサービス
十六銀行で口座をひらく時
十六銀行の保険で将来の安心を
十六銀行に相談したい時
十六銀行のJ-Pointスタイル
都市銀行の基本
都市銀行とは
都市銀行と地方銀行
銀行の種類
インターネット銀行とは
第二地方銀行
愛知銀行とは
あいぎんで貯蓄する
あいぎんの口座を使ってみよう
愛知銀行の便利なインターネットバンキング
愛知銀行の様々なローン
将来にそなえる愛知銀行の生命保険
愛銀教育文化財団とは
低金利でも定期預金で確実に貯金を増やしたい!
定期預金の金利、ご存じですか?

愛知銀行とは

あいぎんの口座を使ってみよう

愛知銀行の総合口座の特徴は、普通預金と定期預金と自動融資の3つが一度に利用する事ができる点です。そして給与や年金などの受け取りや公共料金やクレジットの自動支払いなどの利用に合わせて、スーパー定期や期日指定定期預金への預入もできます。ATMで簡単に預入る事ができて自動継続扱いなので便利です。さらに定期預金を担保として融資も受けられるので、急な出費にも安心です。返済も普通預金への入金で済むので簡単です。定期預金を担保にしているので、気軽に安心して借入を利用できます。この3つのサービスを総合口座1冊の通帳でまかなう事ができるので、まずは総合口座を持ちたいです。

そもそも総合口座は、銀行を利用する時の基本となる口座です。公共料金は、NHK、ガス、水道、電気、電話の支払いを利用する事ができ、税金や学費、家賃やローン、クレジット代金などの支払いも可能です。毎日の生活に欠かせないサービスにはほとんど対応しています。貯蓄も、スーパー定期や大口定期、期日指定定期預金やフリー定期などの利用もできるので、自分の利用したいプランを見つける事ができるでしょう。

また、便利なのが自動融資です。公共料金などの引き落とし時に、普通預金の残高不足で引き落としができなかった時には自動的に立替払いをしてくれます。定期預金の90%、200万円までの自動融資を受けられ、融資時の利息は定期預金の利率に年0.5%上乗せされた利率ですので、比較的安心して利用する事ができます。

総合口座は、愛知銀行の窓口で申込みましょう。申込時に必要なものは、印鑑、本人確認書類(運転免許証、パスポート、各種健康保険証、住民票など)ですので忘れずに持参する必要があります。生活の基本となる総合口座があれば便利ですし、投資信託などの愛知銀行の他のサービスの利用もスピーディーに始められます。

Copyright 2016 -地域社会と銀行との繋がり- All rights reserved.